バンクイックの審査落ちの理由

カードローンの審査が、誰もが合格できるとは限りません。成約率が40%を下回る商品も多く、むしろ不合格となる方が多い商品も少なくありません。そして不合格となった場合、その明確な理由を知ることはできません。

 

カードローンの審査に合格できなかった場合、一般的には「当社の審査基準に合格できませんでした」と通知が行われるだけです。利用者本人がカードローン会社にその理由を問い合わせしても、まず答えてはくれません。

 

しかし審査が不合格となるには、必ず何らかの理由があるはずです。

 

その理由を明確に把握し、解決しなければいつまでたっても審査に合格できることができません。

 

バンクイックの審査落ちの理由とは?

銀行カードローンの中でも比較的審査合格率が高いといわれているのがバンクイックです。それでもやはりすべての方が審査に合格できるわけではありません。「自分は絶対に大丈夫!!」と思われている方でも、実際に審査を受けてみると不合格となることも少なくありません

 

バンクイックの審査が不合格となるのは、どのような理由が考えられるのでしょうか。

 

虚偽の申告

申込内容に嘘の申告を行い、その結果不合格となる方は以外とたくさんおられるようです。どうしても合格したい気持ちが強いためでしょうか。それとも少しでも自分をよく見せたい気持ちからでしょうか。

 

  • 収入を多く申告する
  • 勤続年数を多く申告する
  • 他社の借入を少なく申告する

 

このような嘘はたとえ確認書類が無くても、すぐにばれてしまいます。金融のプロである銀行側に素人がついた嘘は通用しません。仮に嘘をつかなくても十分合格できるラインにあったとしても、わずかな嘘が不合格の理由となることもあるのです。嘘をつく方を信用することが、はたして可能でしょうか。

 

他社借入状況

他社の借入金額や借入件数が多いと、審査でも不利になることは想像できるでしょう。バンクイックは「総量規制」の対象外ですが、それでも多額の借入を既に利用している方は審査でも不合格となります。

 

「年収の3分の1」というラインは、返済能力を判断するうえでの一つの目安であり、総量規制対象外のカードローンであっても、この基準を上回る借入は難しいと考えておきましょう。

 

また借入金額だけでなく、借入件数も大きなポイントとなります。少額の借入をたくさん利用しているということは、逆に「高額融資を受けることができない」と判断されてしまいます。バンクイックであっても、3社以上他社で借入を利用していると審査では不利、5社以上ではまず審査に合格できないと考えておきましょう。

 

申込件数

どうしても借りたい気持ちが強い方が失敗しがちな理由です。たてつづけにたくさんの金融機関に申込を行ってしまうと、それだけで不合格となることもあります。個人信用情報では、他社借入状況の他にも、他社借入件数を確認することができます。借入申込を行うだけで、即時に個人信用情報に記録され、概ね6ヶ月間その情報が保管されます。

 

短期間にたくさんの申込を行っている情報が確認されると審査にも悪影響を与えます。

 

  • 「ひょっとしてお金に困っているのでは」
  • 「一気にたくさん借りて逃げてしまうのでは」

 

このような不信感を少しでも抱かれては、もはや審査には合格できません。いわゆる「申込ブラック」という状態になりますので注意しましょう。