バンクイックの審査

「銀行カードローンは審査が厳しい!!」
銀行カードローンの審査では、このような表現がよく用いられます。

 

銀行は利用者から預金を預かり、集めた資金をローンなどの貸金として運用しています。顧客の大切なお金を使って貸出を行っている以上、審査基準を厳しくして少しでも貸倒のリスクを避ける必要があります。

 

また銀行カードローンは全体的に低金利の商品が多くなっています。貸倒のリスクを金利でカバーできない分、やはり審査基準を厳しくする必要があります。とはいっても銀行としても貸出を増加させないことには、利益の増加も望めません。銀行の審査担当者に求められるのは、申込者の返済能力を正しく判断することです。

 

返済が可能な方には積極的に貸出を行い、銀行の利益につなげていくこと。利用する側としても、この点を知っておくことで、カードローンの審査も合格できることにつながるのではないでしょうか。

 

バンクイックの属性スコアリング審査

通常カードローンの審査のポイントは、次の2点です。

 

  1. 属性スコアリング
  2. 個人信用情報

 

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックでも、同様のことがいえます。
まずは①属性スコアリングについて考えてみましょう。

 

「属性スコアリング」とは申込者の様々な属性を点数化し、総合的に返済能力を判断する審査システムです。

 

属性スコアリングの基準はカードローン会社によりやや違いはあるものの、その内容は概ね共通しています。要は借りたお金を最後まできちんと返済できるだけの能力があるかどうかを、利用者の属性から判断するのです。

 

一般的な属性の有利・不利は以下の通りです。

 

  • 勤務形態:正社員→派遣・契約社員→アルバイト・パートの順番で有利、公務員であれば最も有利となります。
  • 勤続年数は長いほど有利、1年未満では不利。
  • 年収は多ければ多いほど有利、ただしある程度「安定している」ことが重要
  • 国民健康保険より社会保険が有利
  • 賃貸より持家が有利
  • 居住年数は長いほど有利
  • 携帯電話のみより、固定電話を保有していると有利
  • 独身・既婚はその状況による(子供が多ければ不利となることも)

 

バンクイック審査と個人信用情報

次は②個人信用情報についてです。

 

カードローンの審査では属性スコアリングよりも個人信用情報が重要視されることもあります。

 

具体的に判断される内容は以下の通りです。

 

現在の借入状況

キャッシング・カードローン・その他のローンの利用状況。他社の借入金額とともに、借入件数が判断材料となります。他社借入件数が3件以上あると、審査では不利といわれています。

 

過去の返済状況

過去にローンの返済を遅らせた、踏み倒した記録。これらの記録が個人信用情報で確認されると、まず審査には合格できません。

 

債務整理

自己破産、任意整理などの債務整理の経験の有無。これらの記録が個人信用情報で確認されると、まず審査には合格できません。

 

個人信用情報では長期の延滞(概ね3ヶ月以上)や債務整理の情報は、5~10年間は記録され保存されます。

 

つまりこの期間はバンクイックなどのカードローンはおろか、その他のローンの審査にはまず合格できないことになります。

 

また個人信用情報は、各金融機関(銀行、消費者金融。信販会社など)の間で共有できるシステムになっています。他社の情報でもバンクイックの審査に影響を与える可能性が高いことになります。