バンクイックの保証会社

現在の銀行カードローンは、保証会社が保証を行っています。グループ会社や、関連会社が保証を行っている商品がほとんどで、商品案内などの利用条件にも「○○の保証を受けることがでくる方」というような記載がされています。

 

万が一利用者が返済できなくなった場合には、保証会社が利用者に代わって銀行側に返済を行います。これを「代位弁済」といい、債権が保証会社に移行して、以後は保証会社と利用者の間で返済交渉が行われることになります。その代わりに保証会社は保証料を受け取りますが、銀行カードローンではすでに金利部分に保証料分が組み込まれていますので、別途保証料が発生することはありません

 

バンクイックの保証会社は「アコム」

バンクイックの保証会社は「株式会社アコム」となっています。

 

「アコム」といえば大手消費者金融として有名で、テレビCMなどにも盛んに放映されています。三菱東京UFJ銀行とアコムが業務提携を行って誕生した商品が「バンクイッック」なのです。

 

かつての銀行融資は、どちらかといえば法人大口融資が主体となっていました。一方個人融資については住宅ローンが中心で、カードローンなどの小口融資についてはあまり積極的に営業を行っていませんでした。しかし小口融資の需要が高まるにつれて商品展開を行う必要が生じた銀行は、消費者金融などと業務提携を行い、審査システムなどのノウハウを受けるようになったのです。

 

これまで不慣れだった個人小口融資の審査システムの提供を受けることで、銀行カードローンも審査スピードの向上などが図られるようになりました。「バンクイック」でも大手消費者金融「アコム」の審査システムを導入することで、格段なスピードの向上と審査内容の拡充が行われるようになっています。

 

アコムの保証だと審査が合格しやすい?

一般的に「銀行カードローンでは審査が厳しい」「消費者金融では審査が緩やか」といわれています。では大手消費者金融「アコム」の審査システムを導入している「バンクイック」はどうなのでしょうか。

 

バンクイックでは実際の審査は「アコム」が主体となって行っています。言葉づかいは悪い言い回しになりますが「丸投げを行っている」といういいかたもできます。つまり審査基準は「アコム」の基準で行われていることになります。

 

当然、三菱東京UFJ銀行側の意思がまったく反映されないわけではありません。しかし基本はアコムの審査基準により判断されることになります。そのためバンクイックの審査基準は、どちらかといえば「消費者金融より」といえ、他の銀行カードローンよりも合格率が高くなっています

 

既にアコムの借入を行っている方は?

では既にアコムで借入を利用されている方はどうでしょうか。アコムでいくらかの借入を利用しているからといって、バンクイックで合格できないということは全くありません。あくまで別途の商品として審査が行われます。

 

もちろんアコムの借入がバンクイックの審査に影響を与えないわけではありません。借入を既に利用しているということは、その分返済能力が少なくなるということになりますが、これはアコムであろうが、他の消費者金融であろうが変わりありません。バンクイックは総量規制の対象外ですが、年収の3分の1を超える借入は、その分返済能力が厳しいと判断されることもあります。

 

当然アコムの利用状況になんらかの問題がある場合は、審査にも悪影響を与えるでしょう。アコムの借入や返済状況、アコムとの交渉内容などはすべてアコム側で確認することができます。返済が滞っていたり、交渉内容に問題が生じている場合には、バンクイックでの借入もまず不可能といえるでしょう。